夢のパンセ

今でも明日を信じてる

さらば関ジャニ∞


キスマイを見ながらこのブログを書いています。私の今の人格はみっくんとたいぴにめろぴをしている…。


さて、関ジャニ∞が終わってから、1日がたちましたね。

感想としては「実感がない」の一言に終わっちゃう。えっ?ほんとに終わったの?もうほんとに7人終わったの?って。


きっとツアー大阪入って実感するんだろうなあ。すばるがいない、って。



でもほんと、この日曜の関ジャムまで月曜から怒涛の関ジャニ∞ラッシュでしたね。見るたびに泣いて、最後も見事にボロ泣きでしたね。


いや〜〜だってぇ、ロマネはズルいっしょ!!ズルいっしょ!!ズルいっしょ!!!!


まあどうせ歌うと思ったけど。



良くも悪くも、すばるが離れるキッカケを作った(と勝手に私が思ってる)関ジャムで、生放送で、最後やらせてくれるなんて。基本的にデビュー組から離脱する人たちってすばるの前にも何人もいたけど、ここまで盛大に、前向きに送り出される人ってきっと後にも先にもすばるだけなんじゃないかなって思います。(まあデビューしてんのにそんなホイホイ辞められてもこっちが困るしジュニア担としての私の人格が舌打ちをするけど)



ここから先は私の毒づいた、ちょっとキツイことを彼に向かっていいます。でもこれはあくまでも、私の、私だけの彼に対する貶しなので。読んで気分を害しても、晒したり私に文句は言わないでください。お願いね。



前に書いた通り、私がジャニオタになったきっかけは彼ら関ジャニ∞です。そこから去年龍太に担降りするまで、私はほかに浮気はしたけどエイターを貫いたし安田担でした。中高の時期、青春を見たのは彼らを相手に見ていました。私のジャニオタ人生は関ジャニ∞と共にあり。


ジュニア担になって、河合担を兼任して、北山担としての私にもなりました。それでも、関ジャニ∞は私にとって特別。


エイトでは私は安田担だったけど、それ以外に、渋谷すばる、という人間は私の神様でした。推しや自担という云々の枠から飛び越えて、神様としか言い表せない感情を私は彼に持っていた。ズバ抜けた歌唱力、カリスマ性、そして彼を魅力的にするあの大阪のおっちゃん感。


ジャムで最後に亮ちゃんが泣いていた。ヤス、大倉、マルは笑って送り出した。ひなちゃんは必死に、背中を押していた。横山さんは、寂しさを堪えながら、泣きまいとしながら、送っていた。


渋谷すばるは彼らを置いて行く。


勿論すばるや他のメンバーには別に置いて行くとかそんな感情がないとは思ってる。でも私はそうとしか思えないのだ。


15周年というデカイ節目が控えてる中で外に出て行く。ツアーだってある。初めての海外公演だって。関ジャニ∞の音楽性が認められて、昔みたいにデカイ音楽番組でクソみたいなイロモノ扱いだってされなくなった、まだ輝ける可能性を秘めた中、中途半端なのに、彼は自分を追い求めて出て行く。


彼の人生だし、私が口を出すことでもないから別にいいとは思うけど、それでも、もっと他のことを考えて欲しかったというのは私のエゴですか? 

特にFC動画でいってた、ヤスの体調の件。そんな中でも彼は自分のことをみて出て行くのね、と思って。私は少し、幻滅した。


私の神様は地におちて死んだ。


渋谷すばるはいなくなったと思うしか私にはできない。

泣いて喚いて嫌だと叫んでもすばるはいなくなる。

私は良い子でも、物分かりのいいファンでもないので、彼のことを死んでも応援なんかしない。

でも嫌いにはなれないから、渋谷すばるはいなくなったと思って昇華するしかない。


6人体制の関ジャニ∞、私はどこまで見られるだろうか。

ツアー入って、後悔してしまうかも。すばるの姿が、声が足りないと、どうしても思ってしまうかも。

でも、彼らを見ていたいとも思う。

関ジャニ∞はどうしても私の特別だし、これからもそうであってほしいから。


何がともあれ生放送、本当にお疲れ様でした。

これからの関ジャニ∞、私がどれだけ応援できるかわからないし、エイターを降りた身だけど。


今年こんなに悪いことがたくさん重なったんだから、きっと先はもっと輝く、良いことがたくさんあるはず。

がんばれ関ジャニ∞


f:id:kasane9:20180710031841j:plain


私が思うA.B.C-Zとメンバーについて

関西在住の皆さんお元気ですか。私は元気じゃないです。いや死ぬほどびっくりしたよね。寝るの遅くて5時くらいに寝たからほんと睡眠3時間で叩き起こされるこっちの身にもなって欲しい。

余震が怖くてずっとえびの音楽かけてふみきゅんの団扇を抱えてベッドの上で布団にくるまってます。ほんと無理。


と言うわけで(?)気晴らしのブログです。ブログ書いてる暇あんの?って感じですがなんかやってないと死ぬほど落ち着かないのと外にはとてもじゃないけど出る気にならないので。

前のブログの時にふみきゅんとえびのことについて書きたいって言ってたのでそれを書こうかな。


さて。


A.B.C-Zは私A.B.C時代も知ってるし、えびきす時代も知ってます。と言ってもちょーっと齧った程度ですけど。まあその時から「ダンスうまい集団だな」とは思ってました。えびきす時代から私はキスマイの方を追いかけちゃったのでえびは殆ど見てなかったんですけど。


ここからはLBT神戸からのど新規河合担である関西のオンナ、九重のひたすら個人的なえび及びメンバーについて思うことをつらつら述べるよ!怒らないでね!



まず、A.B.C-Zについて。

世にも珍しい、DVDシングルデビュー。いやほんと珍しいな?

あと私がバイト先で最近このグループにハマってて〜〜って言ったら

「あっ、あの金髪の子だけはわかる」

って言われます。他のメンバーの知名度があんまりないのも特徴的かもしれない。

正直えびってあんまり入り口広くないよね。あんまりシングルは出さないから音楽番組にはほぼほぼ出ないし、ジャニオタだから知ってるとか普通にありそう。


でもこの人たち歌もダンスも抜群に上手い。は?意味わからんってなるぐらい上手い。なんなんですかね。

ジャニーズのグループってダンス揃わないグループが多い中そこそこ揃ってるし、個々のスキルが高い。ノーストレスで見られる!最高!

知って円盤とか見たら沼なんですけどねえ。


グループについてはこの辺にして、次はメンバー。


まずは私の自担の河合郁人について思うこと。ふみきゅん!

30超えてる大人のアダ名がふみきゅん。は?可愛すぎか?

LBTのうちわの河合郁人はマジで天才だと思いました、顔面が。

まあまず私はふみきゅんの顔がバチクソに好みです。結婚しよって思うぐらいタイプ。好き。

あとめちゃくちゃダンスが上手い。ちょっと、いやかなり、癖があって動きが派手なので割とうきがちではありますけどね。でも本当に彼は楽しそうにダンスを踊る。個人的推しは「テレパシーOne! Two!」の「君とのパスワード」の時のふみきゅんです。あそこの場面死ぬほどかわいいぞ。

歌も結構スキルあると思いますが、どうなんですかね?えびははっしーととっつーがほぼの歌割りなのでアレなんですけど。もっとふってくれてもいいのよ?

あとふみきゅんといえば「馬面」「笑い方クソ特徴的」、ですかね。馬面とか思ったことないけどな…それは私の贔屓目かな?笑い方に関しては……ノーコメントで。


お次はえびの圧倒的センター橋本良亮。はっしー

A.B.C時代を軽く知ってたので、正直あんまり心象はよくなかった。ごめんなさい!今はそんなことないです!今の私ははっしーにご飯をあげて甘やかしたいクソBBAです!!

はっしーはなんといっても歌が上手い。聴きやすいしね声。

あとえびの中で1番デカイ。確か、178とか?でしたよね?デカイ。たしかに他のメンバーより頭一つ抜きん出ておっきいもんね……。

あと体がバキバキのくせに顔がバブ。赤ちゃんかな????顔と体があってないよ!!でも太るとすぐにお顔がふっくらして分かっちゃう。「あっ最近太ったね?」「最近めちゃくちゃ痩せたね?」って割と頻繁に起こる。


お次はえびの変人戸塚祥太。とっつー!

変人とか言ってごめんなさい……でもえびの中で圧倒的におかしいでしょこの人(クソ失礼) ジャニーズでなんにもないのに頭刈り上げる人とか初めて見たわ。

とっつーははっしーと双璧でめちゃくちゃ歌を歌うけど、今の歌い方癖がすごいんじゃ(CV.千鳥) 私は昔の歌い方のほうがよかったな〜〜って思いながらいつも聴いてます。今が下手だと言ってるつもりはございません、悪しからず。でも癖が強くてたまに「ぉぉん……」ってなるんだよね、味付け濃すぎ。


お次は老けたところをついぞ見たことがない五関晃一。五関様!

つい先日お歳を召されたけど全然顔老けないよね。何年あのビジュアルからかわってないんです????

あと忘年会でご飯食べてる五関様みて「うわこの人もご飯食べるんだ…」って思いました。いや至極当たり前のことなんだけど、ちょっと浮世離れしてますよね。

あと実物見るとめちゃくちゃちっちゃい。ちっちゃいのに存在感。しゅごいい……かっこいい……。



最後は金髪といえばこの人、塚田僚一。塚ちゃん!

塚リカちゃんとエンジェル先生は大変なものを盗んでいきました、私の腹筋です……。っていうレベルでほんとに塚ちゃんの扮装(?)は私の腹筋にダイレクトアタックをしてくる。

塚ちゃんといえばアクロバットでもありますね。筋肉むきむきだし、でも動きが硬くない。しなやかな筋肉なんだろうなあ…触る機会あったら触ってみたい…。


こんなところかしら。

まだちょくちょく思うことはありますけど。今回のツアーのキャパ云々の話とか。55ツアーはなんか割と金かけてたイメージなのに今回はそうでもないな、とか。


あとえびで一番謎に思ってるのが衣装のダサさなんですけど。私の父親(ジャニーズには興味がない)がえびの衣装を少クラでみて「センスがない」って言い放ったことすらある衣装。顔のいい男にはいい衣装着せなきゃならんだろうがって半ギレしながらいつも見てます。

でもえびの衣装は「メンバー内格差」がないよね。みんな衣装統一されてて、唯一違うと言えばメンバーカラーで衣装の色が違うくらい。

装飾品も恐ろしいぐらい無い。ズボンとシャツとジャケット!だけ!

装飾品があんまりないのは「アクロバットするからかな?」って思ったけど同じくらいアクロするSnowmanが装飾品ゴテゴテの衣装着てるからほんなことねえわって思い直した。

友人に聞いたら「ダサいのは通常運転だからそのうち慣れる」って言われたんですけど。


たぶんそれは「慣れ」じゃなくて「感覚の麻痺」やぞ!!!!!!!!



まだ私の河合担としての暦は浅いし、えびを追いかけ始めてから日がめちゃくちゃ浅いけど、なんとか円盤も買い揃えて行きたいな。

えびの先人オタク達、私にご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願いします!



河合郁人という魔性の男


びっくりするぐらい急速に河合郁人という男とA.B.C-Zに落ちていきました。恋はスリルショックサスペンスかな……?

きっかけはえびの神戸公演のチケットの譲りツイをRTで見かけたことから始まります。ツアー始まるのも知ってたしアルバム出したのも知ってたけどいつどこでみたいなのは知らなかったんですよね。神戸近所やし丁度その日いけるやん行こでチケットを探しちゃう。
いいご縁があって神戸初日目出度く友人の橋本担と参戦することになりました。

その時の感覚としては「気になるし行ったことないし行ってみよ」でした。フットワーク軽いオタクだからすぐ動く。
一応えびきす時代も知ってて何故かアルバムの一作を初回AB通常と買ってて、アルバムもきちんと(最新作以外は)聴いてました。楽曲は知ってたし、好きなメンバーもいました。

圧倒的女児ペンラやうちわのビジュアルの良さに恐れおののきながら中に入って公演終了後、私は河合郁人のオンナになったし次の日のチケを探した。

えっ?すごくない?軽率に入って軽率に沼を増やした。

確かに私は河合郁人が前から好きだった。でもまさかこんなに好きになって沼にズブるとは思ってなかったんですけど?

なんてたって顔がいい。あれで30超えてるってどういうことなの?正直意味がわからなさすぎてほんと頭抱えた。
あと本当に歌とダンスが最高……好きしか言えない……。

……なに言いたいのかわからなくなってきた。このままえびとふみきゅのことについて愛を叫び散らかしたいけどなんかわけわからんくなってきた……。

でも龍太を嫌いになったわけじゃないです!これは本当に。ただちょっと疲れちゃった。歌舞伎だって、まあ殿のお考えはあるけど、でなかったし。6月に仕事がないメイン(向井西畑大西室)って、龍太だけなんだよ。露出がなくて疲れたんだ。

少年たちも全滅して爆笑し散らかしたけど、まあ大してダメージも受けずにゲラゲラ笑ってたのは郁人のおかげです。本当に。

これからはふみきゅと龍太、2人を自担にして元気にオタクして行くぞ!おー!!

A.B.C-Zやふみきゅのことについてもっと書きたいけどまた日を改めてゆっくり書こう。今は眠いから……。

本当に河合郁人って魔性ですよね。あーやだやだ。でも好きだよ本当に。好きなんだ…好きなんだ…好きなんだ…


私の住所が神隠しにあった話


「そんなことあるぅ?」ってのが起こりましたよっていうただの報告。はてなブログから「ブログ書こうや」っていわれてたし、丁度いいなって思ったので筆をとりました。


事の発端は関ジャニ∞の会報。

4/27に発送された会報が私の今日の精神をゴリゴリと削ることを起こしました……。


私が住んでいる地域、別に然程田舎でもないし都会でもない、ちょっと都心からは少し離れているような場所なんですが、やたらと郵便物が届くのが遅い。チケットとかだと発送されてから2日ぐらいで来るんですけど、会報だとちょっともう少し遅い。会報の方に関しては別に急ぐものでもないし、その辺は事務所のうにゃむにゃな所が関わってるので深くは追求しません(うにゃむにゃはちょっと検索してみたら割と出てきます)


4/27とかいうGW前の繁忙期、いつもなら届く時期に届かなくても気にしてなかったし、多分GW明けの月曜火曜には届くかなあなんて思ってたら届かない。

「ツアー申し込みの案内も入ってるのに困るなあ」と思いつつもまあ気にしてませんでした。その時は。


そのまま会報のことはここ最近割と私生活が忙しかったので忘却の彼方へ。


そして今日、FCの方から「宛先不明で会報返ってきてるけど、住所変更してません?」というメールが。

こっちとしては完全に寝耳に水。前に会報届いた時から引っ越しなんてしてないし。

びっくりしてFCの登録情報を確認。もう一度確認。……いや!?やっぱりなにも間違えてないよ!?住所も郵便番号もあってる!FC入ってから個人情報の変更とかしてないのに。


そのままメールに書かれてた電話番号に電話をし、事務所の事務員さんとお話し。住所変更してない旨を伝え、記載情報が間違えてないことも伝える。本人確認のためのFC登録情報を伝えて待つ。(因みに待ってる間の待機曲はペール・ギュントでした。太陽からの手紙できいたやつ〜〜!)


本人確認もされ、取り敢えず再送をお願い。そこで言われたびっくりした言葉。


「郵便局の方にそこに住んでいるということが認識されてないかもしれないので、郵便局のほうにもご連絡をお願いします」


そのときは「はいわかりました〜〜」で切ったんだけど、あとから引っかかるその言葉。


「えっ?住んでることが認識されてないとは?私はここに生きていなかった……?住んでると思っていたのは大間違いだった……!!?」


なんてちょっと愉快に捉えてたんですけど、よくよく考えたら全然愉快じゃない!!!!


郵便物って、自分で配送を頼んだものとか、相手に「送るね♡」で送って貰ってるものは届いてないと問い合わせたりなんなりするけど、なにもそんなことがない郵便物って根本的に気付かないじゃないですか。それがもし重要な書類だったりしたら……?


慌てて私のところに配送していただいてる郵便局の方に電話して確認してもらいました。


結果、ふつうに郵便局の不手際だったんですけどね。電話でめちゃくちゃ謝罪をいただきました。


今回は会報で優先度が低いものだったからあんまり怒ってはないんですけど(怒ってはいます勿論ね。だって失礼だし、私にも事務所にも要らぬ手間をかけさせたので)これがチケットだったらと思うと死ぬほどゾッ…としました。


郵便局の方も、ジャニーズ関連の配達物は割と「重要物」として認識していらっしゃるようです。まあそりゃそうだよね、大量に書き留めで配送承ってらっしゃるから。「今後このようなことが二度と起こらないように以後気をつけます」と平身低頭ですごい謝罪されました……。


ということで今回学んだ教訓!

→FC登録情報はきちんと確認しておく。入ってるジャニストとか情報局とかの登録情報、間違えてないか確認しました。


→届いてなければきちんと郵便局に確認する。勿論日数とか諸々は考慮して確認しなきゃいけないけど、一応私が早くに郵便局に問い合わせしてたら事務所に会報が帰ることもなかったんですよね。ちょっと反省。


以上、今日のゾッとした案件でした!

あ〜〜ほんとびっくりした。まさか今の家に住んで四年以上にもなっててこの家に会報だって何度も来てるのに、居ないもの扱いにされるとは……。


みんなも気をつけてね!滅多にないでしょうけど!



さよなら青春

まさかすぎてなにも出てこないというのが本音で。昨日友達とパフェつつきながらその話になって「どうせデマでしょ、ないない」ってなってたときの私、お前の感覚は間違っていたぞ。


でも何か言わないと、何か書かないと、頭の中を、気持ちを整理したいから筆を取ろう。龍太のことについて書いてた次のブログがこれとか、笑えねー。もっと明るい話題をブログに書きたかったわ。


さて私のジャニオタ人生はエイトと共にあり。といっても過言ではないものでした。


中学生の時に友人から「関ジャニ∞って知ってる?」とエイトを布教され、10年?9年?そのぐらい、私が龍太に落ちるまで、関ジャニ∞は私の中の一番でした。

もちろんそのエイター時代にもほかのジャニを好きになったことはあります。私が惚れ込んだ屋良っちも、キスマイも、ジャニストも。好きだよ。でもほんとにエイトだけは特別で。


なんたって私の青春時代はエイト共にあった。

中高生時代、周りは嵐ファンの方が多かったけど、私と友人だけはエイトが大好きで、本当に数人で一緒に遊んでは「すばるの歌が好き」「横山くんかっこいい」「ヤス可愛い」ってずっといってたんだ。ずっと。


まさかこんな日が来るなんて。


今日は用事が昼からあったから、いつも土日はアラームかけないけど、今日はかけてて少し早めに起きる予定だった。

アラームに起こされて、その時はなにも考えてなかったし、昨日いってた「緊急会見」のことなんかも忘れてた。

メールが溜まってるのが気になって、メールを先に確認してた。その中にある固い文章のメール。ドキッとした。大切なお知らせなんてロクな話じゃないことぐらい、ジャニオタ人生の中で痛いほど身にしみてたから。URLをタップして、ログインして、読む。


涙が出た。

正直今も涙がでてきて止まらない。


理解しがたいし理解したくもないし了承もできなかった。関ジャニ∞の要である渋谷すばるが脱退して事務所を辞めるなんて誰も思わないよ。「なんでだよ」という感情しかない。


嗚咽をあげながら咽び泣いて、用事があったけど行く気にもならなくなって、無理だなと思ったから体調不良で行けなくなった旨だけ伝えて、そのまま寝た。何も考えたくなかったから。起きたら夢になってないかな〜〜って思いながら寝て、起きたけどやっぱり現実は変わってなくて、うちわの龍太と目があってまた泣いた。


私はエイターであることを辞めた身だ。色々まあ思うこともあったし少しちょっと、エイトが嫌いになりかけて、応援することを辞めた身だ。

でもそれでもこれだけ泣いて喚いて「なんでどうして」って承服できてないのはそれだけ彼らに対して「好き」を重ねたからだと思う。「幸せ」を貰っていたからだと思う。

すばるが居なくなることに対して本当に理解ができない。したくない。できることなら居てほしいとは思う。7人でもっと輝けるはずだとも思ってる。


お利口さんなファンじゃないので「渋谷すばるのばーか!!」って言っちゃう。「そっか仕方ないね頑張ってね」なんて死んでも言うもんか。

でも嫌いにはなれないね。バカだなぁ。嫌いになったらすんごい楽なのにね。


夏のツアー、申し込んで当たらなかったら別に血眼になって探さなくてもいいかな〜〜とか思ってたけど、当たらなかったら血眼で探すし絶対一回は入る。

入って、すばるの姿と歌が聞こえないのを確認して、死ぬほど泣くかもしれない。見なけりゃよかったなんて後悔するかもしれない。それでも入る。


エイトを見るのが怖い。今日の関ジャムも見るの怖い。でも見るしか無い。7人でいるのが見られるのはあと少しだから。


笑い飛ばせるようになるまでどれだけかかる?私は仁君や聖のこと吹っ切れるまで何年も経ったし今でも亡霊になってるのに。

それでも笑い飛ばせるようになれたらいいな。すばるの今後を、素直に頑張れと応援できるようになれたらいいな。


傷は深いし、じくじくと痛んで心は安らがないけど、それでもきっとこの傷はいつか治るはず。それを治してくれるのは、時間と、すばる、横山さん、ひなちゃん、まるちゃん、やす、りょーちゃん、大倉が治してくれるんだろうな。


私が見たのは彼らの青春の全てで。

彼らと共に見たのは私と彼らの青春の全てだったんだな。

応援させてくれてありがとう!


f:id:kasane9:20180415225634j:plain

室龍太に落ちた時の話。


実家の自分の部屋でのんびり寝っ転がって私の相棒であるiPodを聴きながらついったーしてたら急に天啓が来ました。


「あっヤベェ文章書きたい」


謎の文章書きたい欲に逆らわないままジャニオタな私は他のジャニオタについでに逆らわずそっとはてなブログを作るのでした。


というわけで初めてかいてるよ。

ジャニオタ御用達だからよく私も他の人のを見るんだけど自分が書くとなると色々違う。というよりそもそも面白い人間でもないし弾ける語彙力もZEROな人間なので対しておもろくもないかもしれないけど読んでもらえると嬉しいなあ。



さて。

私はドがつく新規の室龍太担です。

2017年夏松竹を観に行った私は、入る前は「真鳥おらんから残念やな〜松竹座におる真鳥みたかったわ」いいながら入り終わって出た後には「室龍太すごい……好き……」で帰ってきました。なんでやねん。


夏松竹、発表が出た時に入りたいなと思い事務局にはいり見事に当てて、その時は真鳥が関ジュの中で一番好きで気になってたので「真鳥を観に行くぜ」という強い気持ちでいたのが、蓋を開けてみれば真鳥はエイトバックで不在。ポスター見た瞬間「なんでおらへんねん!?」と叫びジャムのツアバをみて崩れ落ちた覚えがあります。(そういや当時ジャムのツアバ組を島流しとか呼んでたよね。言い得て妙だな…天才かよ)

まあでも当たったんだしみにいきたいことにはかわりないからいくよね。といったところで。


花道からライフルで狙い撃ちした看守長ムロに右列にいた私もついでに狙い撃ち。


私の頭の中は本当に「メーーーールト♪」でした。恋に落ちる音がした(銃声)


この話を他の人にすると「変なところでおちたんやね?」と言われるのですがまあそれ自分でも思ってっから。なにその落ち方。わけわかんないわ。


ところで私はかなり長年選手でエイターです。ジャニオタ歴=エイターレベルのエイターです。安田担してました。

だから勿論龍太は知ってたんですよ。バック付いてたでしょ?あと当時というかパズルとかあの辺の時期のときってよく噂立ってたじゃないですか。まあそれで認識はしてたんです。

まあまさかここで龍太に落ちるとは思ってなかったけどな!!

Veteranの中だと菊岡くんが好きだったので(!)昔の私だと龍太担はしてなかった。


だから今落ちたことに関してはめちゃくちゃ運命的だった気がします。……運命とは言いすぎかな。まあでも、なるべくしてなった、みたいなのはあります。


たまーに、たまにですけど。昔から龍太担やってればよかったな〜〜みたいなのは思うことあります。BBV時代の少年たち、ナマで見たかった。おにいが龍太にデレデレして「もうりゅうりゅうにきゅんきゅんやでぇ♡」とか言ってるの見て「わかる〜〜!!」ってしたかった。


でも、きっと今だからこそ私は龍太を好きになれたんだと、そう思います。


龍太の未来を、龍太が歩む道を、龍太が掴んで成り上がるところを、私は見ていたい。

そう思いながら、今日も元気に龍太担してます。